建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し警備業協会が新年会を開催  
掲載 2018年1月31日群馬建設新聞  
本文

群馬県警備業協会(川﨑弘会長)は26日、前橋テルサで賀詞交歓会を開催した。来賓には、腰塚誠県議や県警察本部の神尾雅敬生活安全部長、県総務課の横室光良課長など多数駆けつけ、新年を祝福しあった。開会前、県警察本部から地域の安全確保への協力に対して感謝状が贈られた。
川﨑会長は冒頭「働き方改革が全業種的に課題となっており、特にワークライフバランスを考えた適正な労働時間はそれぞれの企業が責任を持って取り組まなければならない。また、警備業のイメージを高めるためには、各社および警備員一人ひとりの努力が必要。大きく評価されれば認知度、信頼度が高まり地位向上につながる」と話した。
来賓祝辞では横室課長が「県民だれもが安全で安心できる暮らしづくりのため日々努力を重ねていただいていることに感謝を申し上げたい」と大澤正明知事からのメッセージを代読した。
続いて、腰塚県議は訪れた県議会議員を代表して「これからも皆さんのお力により事故や事件が減る事を願っている」とあいさつ。神尾部長は「本年も協会をはじめとする関係機関・団体と連携し、安全安心を実感できる群馬県の実現に向けて全力で取り組む」と話した。
中沢丈一県議の発声で乾杯を行い歓談に移り、親睦を深めた。

ページトップ