建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県前橋市
見出し前橋市がファシリティマネジメントで見解  
掲載 2018年3月9日群馬建設新聞  
本文

前橋市はファシリティマネジメントについて◇長寿命化◇保有総量の一定の縮減◇効率的な利活用の推進-を柱に取り組んでいる。市民サービスをできる限り落とすことなく維持するため、機能は残して、あり方を研究するような、新たなジャンルで考えるべきだと認識している。
公共施設白書、市有資産活用基本方針、公共施設等総合管理計画、市有施設予防保全計画を策定し、積極的に公共施設の更新問題に取り組んでいる。市民ひとりあたりの公共施設床面積は全国平均3・2㎡に対して4・2㎡あり、多くの公共施設を保有しているものの、建設から30年以上経過した建物が全体の4割を越え、今後40年間に必要な更新費用が現状の約2倍となる見込みから、財政的な負担が浮き彫りになっている。

ページトップ