建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し㈱ダイテックのクラウドサービスが好評  
掲載 2018年4月13日新潟建設新聞  
本文

 建設業向けにクラウドサービスの開発・提供などを行う㈱ダイテック(本社・東京都中央区)は、地域の工務店や分譲・注文住宅の施工会社へ積極的な営業を展開している。
 同社は1969年創立。石油販売業向けPOSシステムの開発・運用、建築設備業向けCADシステムの開発・販売を中心に事業を展開しており、それぞれ高い市場占有率を誇る。
 これらの事業の柱に続き、同社が近年、力を入れているのが建設業向けのクラウド事業。中でも、地域工務店向けの「工務店クラウドEX」が好評を博している。
 工務店クラウドEXは営業・商談管理をはじめ、実行予算、発注、工程管理、工事台帳、竣工、引渡といった完成までの一連の流れのほか、資金計画やアフターサービスまでの情報をクラウド上で一元管理できるのが特長だ。クラウド上での一元管理のため、いつどこでも全ての作業が把握でき、あらゆるシーンで情報を共有することができる。また、完全クラウドタイプのため、モバイル端末からも利用でき、昨今叫ばれる「生産性向上」と「働き方改革」の実現にも大きな役割を果たす。
 顧客データや会計データなどは、同社が有するインターネットデータセンターで保管・蓄積されている。同社によると、自社でこのような施設を所有しているケースは珍しいそうで、厳重なセキュリティーのもと、各種データが管理されている。そのため、万が一、使用するパソコンなどが壊れた場合でもデータが消失することはなく、クラウドが持つ「所有せず、利用する」といったメリットを最大限実感できる。ユーザーからは「リアルタイムで全社員と共有するメリットの大きさを実感している」や「パソコンが壊れてしまったが、このクラウドを利用していたため、必要なデータを簡単に取り出すことができた」などの声も多いという。
 このほか、手持ちのスマートフォンで図面や工程、写真などを簡単に共有できる「現場情報共有クラウド」といった製品もある。
 問い合わせは、クラウド第1事業部(℡03―5762―8660)まで。
【同社のインターネットデータセンター】

ページトップ