建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し群森協高崎・安中地区が西部環境森林事務所と18年度意見交換会を行った  
掲載 2018年6月15日群馬建設新聞  
本文

群馬県森林土木建設協会高崎(関口功理事)・安中地区(萩原哲也理事)は13日、ホワイトイン高崎で県西部環境森林事務所と2018年度意見交換会を開催した。標準工期未満の工期で発注された場合の工期延期の緩和や県単治山事業における立木の補償、事業量確保などを要望した。
冒頭、あいさつに立った西部環境森林事務所の曲沢修所長は「今後も着実に治山施設を整備していくことが重要。災害復旧関連予算はある程度確保されているが、予防対策の予算は不十分な状況。現状においては限られた予算を有効に使い、施設の長寿命化対策をはじめ、効果的に治山事業を進めていきたいと考えている」と述べた。
萩原理事は「配布された今年度の治山事業実施箇所一覧を見ると、数多くの事業が載っており、事務所のご努力のおかげだと思っている。厳しい時代かと思うが、今後も高崎・安中地区に多くの事業量を確保していただきたい」と訴えた。
この後、同事務所職員から18年度に予定している治山工事や林道事業箇所についての説明や同協会からの意見・要望についての回答が行われた。
意見交換会終了後、会員らは場所を移し、同事務所職員らと情報交換を行った。

ページトップ