建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設)
見出し山梨県内優良工事1、業務2件 17年度関東地整局長表彰  
掲載 2018年7月12日山梨建設新聞  
本文

 国土交通省関東地方整備局は11日、2017年度(平成29年度)優良工事などの表彰式を開催した。山梨県関係では、優良工事1件、優秀工事技術者1人、優良業務2件、優秀技術者2人が受賞。他の模範となる安全管理優良受注者には、アスファルト舗装で1社、一般土木で9社が選ばれている。
 今回の表彰は17年度に完成した工事、完了した業務の中で、特に優れた成績を収めた工事施工者、業務履行者および技術者を称えるもので、管内51事務所から推薦された案件を優良工事等選定委員会で審査し、選定した。
 工事の場合、対象となったものは1180件を数え、優良工事に47件(42社)、優秀工事技術者に44人、安全管理優良受注者に98社(アスファルト舗装9、一般土木89)が選ばれている。
 一方業務の対象は1541件で、優良業務で49件(35社)、優秀技術者で50人が受賞の栄誉に輝いている。
 また過去2カ年に3件以上の工事実績を有する企業を対象とし、工事成績評定の平均が80点以上となるものを選定する工事成績優秀企業の局長認定も行われた。本年度は22社が認定されたものの、県内企業では該当者がなかった。
 工事で表彰された場合は、総合評価落札方式などで企業の技術力評価が優位となり、同じく業務の場合は企業や担当技術者の技術力評価が優位になる。

記事資料
記事資料
ページトップ