建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県砂防課
見出し県砂防課が土砂災害対策推進計画の原案示す  
掲載 2021年1月19日群馬建設新聞  
本文

県砂防課は土石流対策やがけ崩れ対策の重点箇所として190カ所程度を抽出し、2029年度までに工事など対策実施を計画している。重点対策箇所は、見直しを進めている県の土砂災害対策推進計画の原案に位置付けるもので、対象箇所数の詳細を詰めているところ。現行計画からは、警戒区域内人家50戸以上の箇所と重要交通網の寸断防止を新たな視点として加え、対策を推進する。
重点対策箇所は危険度と保全対象の2つの観点で選定している。危険度は流出土砂量や斜面の高さ、勾配など。保全対象は要配慮者利用施設・避難所を最重点とし特別警戒区域内の人家数などで判定。新たに警戒区域内の人家数と重点交通網・重点インフラの有無を加えて判断する。
ソフト対策としては土砂災害警戒区域などの見直しについて、現在進めている2巡目の見直し作業を21年度末に完了、3巡目は26年度までの完了を目指している。
このほか、新たに土砂災害警戒区域等を周知する標識の設置を推進。要配慮者利用施設の土砂災害警戒避難確保計画の作成支援などにも取り組む。
計画期間は県土整備プランに合わせて21年度から29年度までの9年間。現在は県民意見公募を行っており、3月末の策定を予定している。

ページトップ