建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者茨城県石岡市
見出し石岡市が総事業費18億4900万円で市民会館を建て替えへ  
掲載 2019年11月19日日本工業経済新聞(茨城版)  
本文

 石岡市はこのほど、市民会館の個別施設計画案を取りまとめた。耐震性能がなく、老朽化も著しいことから来年3月31日に閉館し、公有地に新施設を建設する方針。その際、他の文化施設との複合施設として整備する可能性が高い。来年度から2カ年で基礎調査に取り掛かり、2022年度に基本・実施設計を策定。23・24年度に工事を行う。概算の総事業費は18億4852万円を見込む。
 市民会館(総社1-2-5)は1967年築で、大ホール(最大968人)のあるオーデトリアム棟(RC造、地上3階・地下1階、延べ3135・50㎡)と、会議室などがある管理棟(RC造、地上2階・地下1階・塔屋1階、延べ1485・8㎡)で構成。
 2013年度に実施した耐震診断では、オーデトリアム棟のIs値が0・41で、耐震性能が確保されていないことが判明。また14年度に行った建物総合評価では、耐震安全性が確保されておらず、老朽化が進行している「パターンⅠ」に分類された。
 具体的には、建物外部・内部・避難誘導施設で要是正13カ所、うち既存不適格との判定が7カ所あった。空調設備は機器基盤や部品が廃盤となっている。
 そのほか周辺道路が狭隘でイベント時には渋滞が頻発することや、国指定史跡の「常陸国府跡」や「常陸府中城跡」であることから、現在地でなく他の公有地に建て替える考え。
 現時点での主な大規模公有地としては、石岡イベント広場(若宮3-1-1)や、石岡駅東側の鹿島鉄道跡地(石岡1-19-56ほか)があげられる。
 20・21年度に基礎調査(候補地および敷地条件等・整備手法・事業手法〔民間活用〕・基本構想)、22年度に基本・実施設計、23・24年度に建設工事に取り掛かる。 

【現在の市民会館】

ページトップ