建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県前橋市
見出し前橋市が総合運動公園の拡張進捗  
掲載 2015年11月20日群馬建設新聞  
本文

前橋市は、本年度から拡張工事に着手した荒口町の前橋総合運動公園で、来年度以降も事業を進捗する。現在は、基盤整備工として、拡張用地の盛り土工を進めており、来年度からは、残る部分の盛り土工や既存公園と拡張用地の境となる宮川へ架かる橋梁の設計と施工、周辺道路の拡幅などを優先して進めていく。拡張事業の総事業費には約36億円を試算。2017年度末までの一部施設供用開始を目指す。
前橋総合運動公園の拡張事業は、既存公園の東側14・6haで計画。拡張用地には、北側から◇駐車場◇第2野球場◇多目的グラウンド◇多目的広場-の4施設を整備する。このうち、駐車場は950台分のスペースを確保する。第2野球場は、既存敷地内にある施設のサブグラウンドとして活用する。野球場のほかには、仮設スタンドを両翼に100人ずつ、計200人程度設置する。多目的グラウンドでは、野球場とソフトボール場が2面ずつ、計4面を外野を合わせる形式で整備する。多目的広場は、芝生張りの広場と地形を生かしたふれあい広場に分かれ、計3ha程度を新設する。
周辺整備では、既存公園と拡張用地の間を流れる宮川へ4橋の新設を計画しているほか、周辺道路でW8mを確保する。
宮川へ架ける橋は、いずれもL6・5mで計画。幅員は、北側からそれぞれ4・8m、7・8m、6・8m、5・8mで予定している。本年度は、北側の2橋で設計を作成しているところで、残る2橋の設計や北側2橋の施工は、来年度以降を予定している。
来年度以降については、補助金の交付額に応じて残る基盤整備や橋の架設、周辺道路の整備などを優先的に進める計画。
4つの本体施設については、市の定例議会で2017年度までに一部供用開始を目指していることが示されていることから、不足している駐車場や第2野球場が先行して整備されそうだ。
既存の公園には野球場や陸上競技場、サッカー場のほか、テニスコートやプールなども整備されるなど、市内の運動施設の中心となっている。既存公園の野球場が1面しかなく、大会開催時に不便であることや上武道路と国道50号の交差点に近く、防災機能の向上などを目的に拡張が計画された。

ページトップ