建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県田上町
見出し交流会館建設工事は3分離  
掲載 2017年11月7日新潟建設新聞  
本文

 田上町は6日、道の駅に関連する交流会館建設工事を▽建築本体▽電気設備▽機械設備―の3工種に分け一般競争入札を公告した。いずれも20日まで入札参加申請を受け付け、12月28日に入札を行う。

 主な参加資格は、3工種ともに2016・17年度の田上町入札参加申請の認定を受けた2~3者の共同企業体で、代表構成員は、田上町、加茂市、三条市、新潟市に本社・本店があること。
 建築本体工事の代表者は建築1000点以上、代表者以外の構成員は建築500点以上で、田上町に本社・本店がある者、または08年に町と「災害時における応急対策に関する応援協定」を締結している団体の構成員であることなどが条件。
 また、交流会館建設工事で他の工事(電気設備、機会設備)の共同企業体の構成員となることは、できないが、町内に本社・本店がある者については除外する。
 ※設備工事の参加条件は、本日付け公告面を参照
 施設概要は、RC造一部S造3階建て、延べ床面積2516㎡。工期は19年7月31日まで。場所は、原ヶ崎新田地内。
 地域交流会館は、町役場前の国道403号に面する敷地約1万㎡に整備する道の駅関連の施設。
 外観は、隣接する役場庁舎や総合保健センター、商工会館と調和する寄棟屋根を想定。敷地内にはトイレや情報提供コーナー休憩室といった地域観光情報案内施設、コンビニエンスストア、憩いの広場などの設置も計画されている。
 本年度当初予算に同施設や原ヶ崎センターを整備する、まちづくり拠点整備事業に4カ年の継続費19億220万円を設定している。
 設計は、堤建築設計事務所が担当。

【地域交流センターイメージ図】

ページトップ