建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県前橋市
見出し前橋市が19年度に小暮石井線2期着手  
掲載 2019年5月16日群馬建設新聞  
本文

前橋市は市道00-198号線(小暮石井線)2期の整備を開始する。2019年度は上半期中に側溝整備を指名通知する方針。20年度以降の拡幅整備本格化に向けて、用地買収も継続する。
初弾工は赤城白川側からの150mが対象。北側に蓋付きU字側溝を設置する。この区間は用地買収が完了しており、20年度にも拡幅工事に移行する可能性がある。設計は日進工測設計(前橋市)がまとめた。
同線は富士見町石井と同町小沢の境を起点に東に向かうもの。2期の対象区間は赤城白川周辺から主要地方道前橋赤城線までの1200m。現況の幅員5~6mを9・75mに広げ、南側に3mの歩道を設置する。区間内の上白川橋は、下流に単純活荷重合成H形鋼橋の人道橋を架設し幅員を確保する計画。橋梁の設計はオウギ工設(前橋市)が担当した。
当初予算には1億8200万2000円を確保。うち工事費に2953万円を充て、残りは補償や公有財産購入費などに振り分ける。

ページトップ