インタビュー

2021
2021/12/09
(社)日本建設業連合会 【日建連新委員長インタビュー】「建築宣言の実現を」賀持剛一建築設計委員長
2021/11/30
国土交通省 【国土交通省インタビュー】総合政策局長 和田信貴氏「経済対策で必要な予算確保」
2021/11/12
(財)建設業振興基金 【就任インタビュー】建設業振興基金 建設キャリアアップシステム事業本部長 長谷川周夫氏「持続可能な仕
2021/10/13
国土交通省荒川上流河川事務所 荒川上流の大束淳一(おおつか・じゅんいち)所長/就任インタビュー
2021/10/02
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】道路局長 村山一弥氏「重要なインフラを次世代に」
2021/10/01
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】大臣官房技術審議官 廣瀬昌由氏「業界と連携してDX推進」
2021/09/25
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】港湾局長 浅輪宇充氏「DXと脱炭素化に対応」
2021/09/17
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】不動産・建設経済局長 長橋和久氏「業界全体でダンピング防止を」
2021/09/08
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】住宅局長 淡野博久氏「住宅・建築分野で木材活用を」
2021/09/02
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】都市局長 宇野善昌氏「価値高める空間づくりを」
2021/08/30
国土交通省関東地方整備局(建設) 関東整備局の安邊英明総務部長インタビュー/首都圏の中枢を下支え
2021/08/28
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】国土交通審議官 石田優氏「時代に即した産業へ発展を」
2021/08/25
国土交通省関東地方整備局(建設) 関東整備局の塩井直彦河川部長インタビュー/治水対策を着実に
2021/08/25
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】公共事業企画調整課長 岩見吉輝氏「個々の会社で生産性向上を」
2021/08/24
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】技監・吉岡幹夫氏「協力して産業の維持を」
2021/08/20
国土交通省北陸地方整備局(建設) 「積極対話で状況把握」北陸地方整備局建政部・芭蕉宮部長就任インタビュー
2021/08/17
国土交通省関東地方整備局(建設) 関東整備局の若林伸幸局長インタビュー/21年度は「DX元年」
2021/08/11
国土交通省 【国土交通省就任インタビュー】事務次官・山田邦博氏「国民目線の対応を徹底」
2021/08/07
国土交通省北陸地方整備局(建設) 「流域治水を深化」北陸地方整備局河川部・丸山部長就任インタビュー
2021/08/05
国土交通省北陸地方整備局(建設) 「業務環境を整備」北陸地方整備局企画部・松浦部長就任インタビュー
2021/07/29
国土交通省国営常陸海浜公園事務所 新年度インタビュー/国営常陸海浜公園事務所 小島孝文事務所長
2021/07/20
国土交通省久慈川緊急治水対策河川事務所 新年度インタビュー/久慈川緊急治水対策河川事務所 石川武彦事務所長
2021/07/06
国土交通省下館河川事務所 災害備え流域治水へ/工藤美紀男下館河川事務所長インタビュー
2021/06/15
国土交通省常陸河川国道事務所 新年度インタビュー/常陸河川国道事務所 原田昌直所長/酒門立体交差調査に着手/地元業者はパートナー
2021/06/08
国土交通省霞ケ浦導水工事事務所 就任インタビュー/霞ヶ浦導水工事事務所 小池聖彦所長
2021/05/28
国土交通省関東地方整備局(建設) 関東整備局の藤田正(ふじた・ただし)統括防災官インタビュー
2021/05/26
国土交通省常総国道事務所 新年度インタビュー/常総国道事務所・丸山昌宏所長
2021/05/20
国土交通省関東地方整備局(建設) 関東整備局の見坂茂範(けんざか・しげのり)企画部長インタビュー
2021/05/18
国土交通省 【国交省インタビュー】インフラDX総合推進室長 森戸義貴氏「書面から脱却し業務効率化」
2021/05/07
国土交通省関東地方整備局(建設) 関東整備局の土井局長/新年度インタビュー
2021/03/29
(社)日本建設業連合会 【日建連インタビュー】「制度拡充求めていく」池上一夫住宅委員長
2021/03/25
(社)日本建設業連合会 【日建連】「建設業の大切さを」佐々木正人広報委員長インタビュー
2021/02/10
国土交通省 【インタビュー】国土交通省 山田邦博技監/中長期的な技術者育成を/海外の実績も適正評価
2021/01/06
国土交通省 【新春インタビュー】赤羽一嘉国土交通大臣/インフラ分野DX推進/新3Kへ取り組み加速
2021/12/09

(社)日本建設業連合会 【日建連新委員長インタビュー】「建築宣言の実現を」賀持剛一建築設計委員長

 今年から日本建設業連合会(日建連)の建築設計委員長に就任した賀持剛一氏(大林組常務執行役員設計本部長)。新任にあたっては、『安全・安心の健康づくりに貢献します』『低炭素・循環型社会の構造に貢献します』『世界に誇れる未来の建築文化を創造します』という3つの主題が掲げられている日建連建築宣言について言及。「宣言から10年が経過したが、今でも十分建築のテーマとして通用するもの。その実現へ向けて各社と連携して取り組んでいきたい」と方針を語った。

 まず『安全・安心』については、「設計をする上で構造・設備の技術面で貢献していきたい。特に頻発する大規模な自然災害に対し、耐震性や防災性に強い建築を造ることが重要になっている」と現況を説明した。

 『低炭素・循環型社会』については、「ここ数年で脱炭素にまで及んでいる。世界的な動きの中で、日本では二酸化炭素排出量の3分の1が建設産業から出ているので、2030年の温室効果ガス46%削減、50年のカーボンニュートラル実現へ向け、その対策となる税制や補助金面等の法整備が追いついていないので、いろいろな団体と連携して政府に働きかけていく」と姿勢を見せた。

 さらに『世界に誇れる未来の建築文化』では、「設計施工でどれだけお客様にメリットがあるかをアピールしていく。その啓蒙活動として毎年開催している日建連セミナーがある。著名な建築家を招き、作品の紹介やレクチャーをしていただいており、今年も10月にもオンラインにより開催し、好評だった。またBCS賞は62回目を迎え、ますます威厳を高めていく」と述べた。

 BIMについては「デジタルトランスフォーメーション(DX)では、BIMが建築業界で先陣を切っている。生産委員会と設計委員会が協力し、ワンモデルで生かしていくよう、速やかに完成を目指す。BIM専門委員会は新しくBIM部会に格上げした。ロードマップの作成にも取り掛かっている」とし、設計施工のメリットは「入札の手間が減る。意思疎通や窓口一本化で責任の所在も明らかになる。期間短縮になり、結果的にオープンが早まり収益も上がる」とアピールした。


【略歴】かもち・ごういち 1960年東京都生まれ。

83年早稲田大学理工学部建築学科卒業、同年大林組入社、89年ペンシルバニア大学芸術学部建築学科大学院修了、2021年大林組常務執行役員設計本部長。

紙媒体での情報収集をご希望の方は
建設新聞を御覧ください。

建設新聞はこちら