建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者情報通信設備協会関東地方本部埼玉県支部
見出し情報通信設備協会県支部の定時総会/成果求め飛躍の年に  
掲載 2019年5月22日埼玉建設新聞  
本文

 情報通信設備協会関東地方本部埼玉県支部(髙瀬幸雄支部長)は17日、さいたま市大宮区のラフォーレ清水園で2019年度定時総会を開催した。5Gの商用サービスが来年に開始されることを受け、IoT、AI、ビッグデータを駆使した新サービスが急速に伸びる可能性を秘めている。承認された事業計画には、地域未来投資促進法に基づく鶴ヶ島ジャンクション周辺地域のプロジェクトへの参画・貢献など、成果を求め飛躍の年とする方針を盛り込んだ。
 髙瀬支部長は「令和元年度がスタートするそのとき、国家予算も初めて100兆円を超える規模になりました。情報通信分野においてはソサエティ5.0と言われている超スマート社会の実現に向けた歩みを加速しようとしています。埼玉県においても西部地域でプロジェクトが本格化します。私ども協会としても、今までに培った技術を提供することで、その実現に協力していきたいと考えています」と活躍の場の拡大に期待を込め、支部運営への協力を呼び掛けた。
 議事では18年度の事業報告・収支決算および監査報告、19年度の事業計画案・収支予算案について審議し、原案どおり全会一致で可決した。
 総会終了後は来賓に木下高志県議会議員、㈱NTT東日本―関信越取締役でビジネスイノベーション部部長の大石浩司氏らを招き懇親会を開催。関係団体幹部も交え、情報交換の場として和やかに交流を深めた。

ページトップ