建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)埼玉県建設業協会さいたま支部
見出し建協さいたま支部が19年度総会で関根新支部長を選任  
掲載 2019年6月3日埼玉建設新聞  
本文

 埼玉県建設業協会さいたま支部(中原誠支部長)は5月29日、2019年度通常総会を銀座アスター浦和賓館で開催した。総会には役員、会員など約40人が出席。来賓には、さいたま県土整備事務所の金子勉所長が招かれた。議事で行われた役員改選では新支部長に関根信次氏(㈱ユーディケー)が選任された。また18年度事業報告・収入支出決算・19年度事業計画・収入支出予算案を審議し、承認した。
 中原支部長は冒頭、日ごろからの協力に感謝を述べた上で「平成最後の年の支部活動も皆さまのおかげで無事に終わることができました。本日は事業報告・計画などに加えて、役員改選があります。慎重審議の上、議事進行ができるようご協力お願いします」などとあいさつした。
 19年度の事業計画は▽地域建設業の将来の担い手確保・育成対策の推進▽入札契約制度改革への対応▽さいたま県土整備事務所などとの災害協定に基づく災害活動・応急対策業の対応▽雇用・労働条件の改善と人材の確保・育成・定着など人材確保対策等の強化・推進▽建設業イメージアップ活動の推進(CCI)――などとなった。議案承認後は特別功労賞の贈呈、来賓の金子所長による祝辞や19年度主要事業の説明が行われた。
 総会後の懇親会では、関根新支部長が「分からないことが多いので、まずは前支部長のやり方を継承しつつ、徐々に自分の色を出していきたい。皆さまのお役に立てるようがんばります」と意気込みを語った。
 役員改選による新任は次のとおり。敬称略、順不同。
 ▽支部長=関根信次(㈱ユーディケー)
 ▽副支部長=島田賢一(島田建設工業㈱)
 ▽理事=岩浪郁雄(和光建設㈱)、片山雄一郎(㈱カタヤマ)、北清太郎(シン建工業㈱)
 ▽監事=河邊幸一郎(㈱河辺工務所)、熊谷貴洋(㈱菅土木)

ページトップ