建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者長野県
見出し「地域貢献等簡易型」8月試行/手持ちあれば減点、工事実績・表彰評価せず/総合評価で新方式  
掲載 2019年6月8日長野建設新聞  
本文

 県は地元企業の受注機会拡大と技術力の向上を目的に、新たな総合評価落札方式「地域貢献等簡易型」を8月から試行する。災害復旧工事の実績や本店所在地などを評価項目とし、県発注工事の手持ちがある場合は減点評価することで、より多くの企業が受注し、実績の蓄積と技術力の向上を図れるようにする。価格以外の評価点は6.25~7.25点。
 試行内容は6日の県契約審議会で審議、了承された。対象工事は予定価格5000万円未満の土木一式工事と同3000万円未満のとび・土工・コンクリート工事の中から抽出する。
 評価項目のうち地域貢献度では、県発注の災害復旧工事や災害応急活動の実績、県の小規模補修工事当番登録(道路維持補修業務の民間委託を含む)を評価。それぞれ1点を加点する。このほか除雪契約や豚コレラ対応など、発注機関が独自に評価項目を設定することもできる。
 また災害時体制の項目では、ショベル系掘削機やブルドーザー、大型ダンプ車等の災害対応重機を保有している場合に0.5点を加点する。
 地域精通度の項目では、対象工事と同一市町村に本店が所在する場合に0.5点加点することを基本とするが、旧市町村や大字単位など、さらに細分化し、配点を1点にかさ増すこともできる。
 施工体制の項目では、公告時点における県発注工事の手持ち工事量に応じて最大1点を減点する。
 工事成績の配点は2点で従来型よりも低く設定。優良技術者表彰や同種工事実績は評価項目としない。
発注件数の見通しについて技術管理室は「管内企業の公平性を保つためにも各市町村で1件程度実施することが望ましいが、予算状況や工事箇所の規模・内容の関係もあり、現時点では未定」と話した。

記事資料
ページトップ