建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)埼玉県建築士事務所協会
見出し県建築士事務所協会の定時総会/実態に即した報酬を  
掲載 2019年6月19日埼玉建設新聞  
本文

 埼玉県建築士事務所協会(栗田政明会長)は13日、さいたま市中央区のホテルブリランテ武蔵野で第7回定時総会を開催した。今年度の重点目標によると、理事会で業務報酬基準告示98号について検討を進めるとともに、他団体と連携を取り、より現実に根差した報酬基準にするための方策を練る方針。
 栗田会長はあいさつで「厳しい局面を打開するため、積極的な対応が求められています。告示98号という新たな業務報酬基準が決まりましたが、もう少し実態に即したものに変えていかなければなりません。県内では設計に関わる協会として4団体が活動していますので、共に協議を重ね勉強していければと考えています」と、会員企業の経営基盤を守るため一層の協力を要請した。
 議事では2018年度事業、19年度事業計画および収支予算について報告があり、決議事項として18年度決算書類の承認について審議し、原案どおり全会一致で可決した。
 また欠員に伴う理事の選任では、舟山範幸理事の退会を受け近藤哲司氏を補充した。
 事業計画によると▽会員と協会の収益拡大に寄与する新規事業の開拓▽新業務報酬基準告示98号の周知▽新規入会会員の確保――の3つを重点に各種事業を展開する。
 総会終了後は功労者表彰を行い、引き続き懇親会を開催。来賓多数を招き交流を深めた。

ページトップ