建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)日本塗装工業会県支部
見出し日塗装県支部・彩青会/コンクリート構造物補修で講習会  
掲載 2019年6月25日埼玉建設新聞  
本文

 日本塗装工業会埼玉県支部(松尾康司支部長)青年部・彩青会は19日、建産連研修センターで、賛助会員の㈱ダイフレックスTM推進グループ補修材チームの西川勉氏を講師に迎え、『コンクリート構造物補修工法について』と題する講習会を開催した。
 長谷川巧会長は「本日は低圧の注入の話が中心になるかと思います。自社でやられている方、施工業者、協力会社にお願いしている方とさまざまですが、施工される方にとっては技術の向上に、また管理される側にも知識が求められる内容だと思いますので、本日の内容が皆さまのお役に立ち、また有意義な講習会となればと考えています」とあいさつ。
 講習会では粉塵・騒音の発生がなく、下地を傷つけないノンカット工法であるSKグラウトプラグA工法(自動式低圧エポキシ樹脂注入工法)を紹介。
 施工手順に沿って、ひび割れ調査からシール材塗布、注入器具取付、注入材の混合から注入、養生、撤去・仕上げまでをビデオ上映などで解説。
 このうちシール材塗布ではグラウトパック-439の濃度により、施工に必要な判断を行い、剥がれ具合、染みの軽減を調整することが可能なことを確認した。

ページトップ