建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し損傷箇所調べ修繕提案/簡易Ⅱ型入札の改善要望も/県道路舗装協会が総会  
掲載 2019年6月29日長野建設新聞  
本文

 県道路舗装協会(依田幸光会長)は26日、第57回通常総会を長野市の長建ビルで開いた。本年度の事業計画には、県が管理する緊急輸送路の損傷箇所調査や、舗装工事の新技術、新材料、新施工方法について発注機関へ提案することなどを盛り込んだ。
 依田会長はあいさつで「昨年、道路舗装の修繕が必要な箇所を調べ、県の長谷川朋弘建設部長へ提出した。今年も引き続き実施していきたい。さらに発注量や入札制度改革の提言・要望にも積極的に取り組む。舗装の新技術を習得するため、ICTを活用している現場の見学も行いたい」と述べた。
 2019年度の事業計画は次のとおり。
 ◆各地域の路面損傷箇所を調査し、補修等必要な箇所を県へ提案するとともに、発注工事量の確保、受注単価の適正化について発注機関へ要望する。
 ◆県の舗装工事の総合評価落札方式(簡易Ⅱ型)の発注状況を検証し、価格以外の評価項目に自社施工能力、舗装施工管理技術者の資格者と経験年数を考慮するよう要望する。
 ◆舗装工事の新技術・施工方法等の視察、調査等を行い、発注機関に提言する。
 ◆舗装工事に関する新技術や施工方法等についての研修会や講習会を開催する。
 ◆資格試験及び舗装工事等についての資料を配布し、資格取得の促進を図る。

ページトップ