建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県さいたま市
見出しさいたま市が荒川調節池整備で環境評価審  
掲載 2019年7月3日埼玉建設新聞  
本文

 関東地方整備局が計画する荒川第二・三調節池事業で、さいたま市環境影響評価技術審議会(永澤明会長=埼玉大学名誉教授)が1日、さいたま市内で開かれた=写真=。事業概要、環境影響評価における調査項目や調査方法、環境保全についての配慮事項などが説明されたほか、環境への影響に関する質疑応答が行われた。
 同事業は、さいたま市、川越市、上尾市にかけて実施。面積は約760ha、洪水調節容量が約5100万、囲繞堤(いぎょうてい)延長は約13km。工事期間は2021~30年度の10年間を想定し、31年度の供用開始を予定。全体事業費に約1670億円を見込んでいる。
 整備は川の中に囲繞堤を新設し、上下流端を既設堤防に接続して高水敷を調節池化するもの。また囲繞堤の一部に高さを抑えた越流堤を設け、河川水位上昇の際に水が流れ込むよう調整を行う。

ページトップ