建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し建コン協北陸支部が業務・研究発表会/100人が理解深める  
掲載 2019年8月20日新潟建設新聞  
本文

建設コンサルタンツ協会北陸支部(寺本邦一支部長)主催の業務・研究発表会が8日、新潟市内の興和ビルで開かれた。約100人が集まり、会員企業の創造的な研究や新技術の開発成果などに耳を傾けた。
冒頭、寺本支部長が「本日の発表会が技術力向上の大きな一歩として、また北陸の建設コンサルタント業の未来を切り開く原動力として貢献することを祈念する」とあいさつした。
当日は応募のあった26編のうち、8編が披露され、最優秀の支部長賞には「地方都市の密集市街地における災害危険度判定の新たな評価視点に関する一考察」をテーマに発表した国土開発センターが選ばれ、次点の奨励賞には、大日本コンサルタント北陸支社新潟事務所の「斜角の小さな3径間連続PC箱桁橋の支承取替設計」が、審査員特別賞にはアルスコンサルタンツの「現地録音データを用いた猛禽類営巣地の絞り込み」が選出された。
このほか、長岡技術科学大学工学部(環境社会基盤工学専攻)の大塚悟教授が「地盤工学における観測的施工法の意義」と題した講演、さらには、同大学大学院生と新潟大学大学院生がそれぞれ「腐食切れの生じたトラス橋斜材の健全性評価に関する数値解析的検討」「河川堤防における簡易な信頼性評価手法の提案」をテーマに発表を行った。

【写真=約100人が集まった】

ページトップ