建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者長野県岡谷市
見出し諏訪湖スマートIC地区協議会設立  
掲載 2019年8月24日長野建設新聞  
本文

岡谷市と諏訪市は20日、中央自動車道の諏訪湖SAに導入を目指している「(仮称)諏訪湖スマートIC」について、新規事業化の前提となる地区協議会を設立した。
地区協議会は2市のほか、国土交通省関東地方整備局や長野県、ネクスコ中日本などで構成。議事では候補地や整備費、管理・運営方法などを盛り込んだ実施計画書案を審議。今後策定し国に提出。国土交通省は実施計画書の提出を受け、新規事採択となる流れ。
同ICは自動料金収受システム(ETC)搭載車両専用で、整備に向けておおむね2~3年の調査と工事期間がかかる。
初会合で同協議会の会長を務める今井竜五岡谷市長は「諏訪湖スマートICにとって本日の地区協議会が大きな節目となる。いよいよ本格的な事業開始となり、実施計画の認可、高速道路への連結許可へと事業が進捗する。早期開通を目指し諏訪市とともに努力していく」と決意を示すと、同会副会長を務める金子ゆかり諏訪市長は「非常に大事な第一歩となる会議。実施計画をまとめ連結許可をいただき、早期に事業化したい」と述べた。

ページトップ