建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県深谷市
見出し深谷市が高塚橋など42橋梁を点検調査へ  
掲載 2019年9月13日埼玉建設新聞  
本文

 深谷市は高塚橋など42橋梁の維持補修に向けた点検調査を進めている。緊急を要する損傷などが確認された場合は2020年度にも補修設計を委託予定。調査業務は日本インシーク埼玉支店(さいたま市、048-658-7373)が20年2月14日納期で担当。
 点検作業では近接目視などにより主桁、床版、基礎、支承、伸縮装置、舗装、高欄、防護柵などの劣化・損傷程度を把握し、対策区分を判定した点検調書を作成する。
 42橋梁のうち主な橋梁名などは次のとおり。
※▽橋梁名=①橋長②幅員③橋桁形式--の順
 ▽高塚橋=①126・2m②9・7m③コンクリート桁
 ▽矢島大橋=①113・8m②4・5m③コンクリート桁
 ▽原郷歩道橋=①110m②3・5m③鋼桁
 ▽F-9橋=①85・8m②5・3m③コンクリート桁
 ▽北無名52橋=①34m②3・6m③鋼桁
 ▽内谷田橋=①25・3m②4・6m③鋼桁
 ▽落合橋=①25・2m②5・2m③鋼桁
 ▽唐沢橋=①23・9m②8・5m③コンクリート桁

ページトップ