建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)長野県建設業協会
見出しCCUSで説明会  
掲載 2019年9月25日長野建設新聞  
本文

長野県建設業協会は18日、松筑建設会館で建設キャリアアップシステム(CCUS)の説明会を開いた。当日は会員企業87社からおよそ100人が出席、建設業振興基金の担当者が登録方法について説明したほか、中野土建と大栄開発の2社が登録済会員として事例紹介を行った。
冒頭のあいさつで藤森副会長は長野県のCCUSの登録数について「4月から8月末まで比較すると、技能者数が3倍、事業者数が1.5倍になった。県は総合評価落札方式で運用する企業に加点を検討している。本日は折角の機会なので多くの技能者、事業者の皆様に導入してほしい」と呼びかけた。
説明で建設業振興基金普及促進課の田中勝明氏は、システムや登録申請の概要、利用手順の流れを紹介。中野土建は昨年9月16日に事業者登録が完了。今年6月までに技能者登録も10人が完了し、本運用を開始している。当日は同社の小林参与が講師を務め、こうしたこれまでの経過を説明した。

【あいさつに立つ藤森副会長】

ページトップ