建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県,(社)群馬県建設業協会,群馬県県土整備部,群馬県森林環境部,群馬県農政部
見出し台風19号の爪痕深く、群建協が復旧あたる  
掲載 2019年10月16日群馬建設新聞  
本文

11日から12日にかけて日本各地に大きな爪痕を残した台風19号。県内でも落橋をはじめ、護岸決壊や土砂崩れなど多くの被害が発生した。群馬県建設業協会(青柳剛会長)は台風接近に伴い、国土交通省関東地方整備局・県との災害協定に基づいてパトロールを開始。災害箇所では、早期復旧に向けて現在も進められている。青柳会長は「地域建設業の役割は、報道されないところでの被害にも対応すること。これからの復旧に力を尽くしたい」と話した。
台風19号は県内各地に大きな被害をもたらした。大雨特別警報が26市町村、土砂災害警戒情報は25市町村で出され、停電や断水などライフラインの途絶が起きた。嬬恋村と神流町、南牧村では孤立地域も発生した。15日までに全集落で孤立状況は解消されたが、死者が出るなど大きな爪痕を残している。
群馬県建設業協会は台風接近とともに県内各地で活動を開始。災害情報共有システム“ぐんケン見張るくん”を通じてSNS上にパトロールや復旧情報をリアルタイムで発信。接近から通過にかけ、フォロワー数が2300人増加、情報に感謝の声も挙がるなど、パトロールや復旧だけではない地域建設業の役割を果たした。現在も各地で復旧に向けて活動している。
青柳会長は今回の台風を受け「まずは被災された方へお見舞いを申し上げたい。協会員の皆さまには迅速な体制で見回りや復旧に当たってくれたことに感謝したい」とコメント。また、SNS上でパトロールや復旧の状況をリアルタイムで伝えるぐんケン見張るくんについて「災害時に必要となる情報を発信、感謝の声を頂いている。山本一太知事からも復旧や情報発信に対してお褒めの言葉があり、こうした声が復旧活動の励みになる」と話した。
県では11日に災害警戒本部を設置し、会議を開催。12日には対策本部とし、情報収集と対応に当たった。
県土整備部では15日までに緊急輸送道路4路線9カ所、そのほか県管理8路線22カ所での被害を確認。河川は27河川42カ所。砂防は8カ所で被害が起きた。うち、国道144号は鳴岩橋の落橋や道路崩落が発生している。
森林環境部は、林地・治山施設が3市4町2村18カ所で被災。林道・森林関係は6市5町2村29路線で被害報告が挙がっている。
農政部は農地64カ所、農業用施設36カ所、県管理施設などで被害があったと報告。農地・農業用施設は各市町村などからの要望を受けて災害復旧支援事業などを行う。
県では部局ごとに被害をまとめており、15日までの状況は次のとおり。
【県土整備部(道路)】
緊急輸送道路で被害を受けたのは、国道144号で嬬恋村大笹地内の鳴岩橋が落橋、道路崩落など計4件が発生した。このほか◇主要地方道下仁田上野線(上野村楢原)=路肩崩落等3カ所◇国道146号(長野原町古森)=路肩崩落1カ所◇県道下仁田臼田線(南牧村羽沢)=路肩崩落1カ所-。
その他県管理道路は◇主要地方道松井田軽井沢線(安中市北野牧)=路肩崩落等2カ所◇県道下日野神田線(藤岡市高山)=路肩崩落3カ所◇主要地方道神流秩父線(神流町万場)=路肩崩落等1カ所◇小平下仁田線(神流町船子)=路肩崩落等3カ所◇黒滝山小沢線(南牧村大塩沢)=路肩崩落1カ所◇主要地方道北軽井沢松井田線(安中市松井田町坂本)=路肩崩落1カ所◇主要地方道富岡神流線(甘楽町秋畑)=路肩崩落1カ所◇主要地方道東御嬬恋線(嬬恋村)=道路崩落等10カ所-となる。
【県土整備部(河川)】 
被害を受けたのは◇烏川=4カ所◇山田川=4カ所◇沼尾川=3カ所◇井野川=3カ所◇鏑川=3カ所◇碓氷川=2カ所◇野上川=2カ所-。粕川・藤沢川・赤城白川・荒砥川・利根川・早川・大沢川・唐沢川・猫沢川・天引川・南牧川・市野萱川・青倉川・涸沢川・雄川・鮎川・大川・高沢川・桐生川・板倉川は1カ所ずつ被災した。
【県土整備部(砂防)】
がけ崩れや土砂崩落など◇富岡市=3カ所◇安中市=2カ所◇藤岡市=1カ所◇下仁田町=2カ所が発生している。
【森林環境部(林地・治山)】
山腹崩壊や土砂流出などが各地で発生。市町村ごとの件数は◇高崎市=2カ所◇藤岡市=3カ所◇上野村=5カ所◇神流町=1カ所◇富岡市=1カ所◇甘楽町=1カ所◇長野原町=1カ所◇嬬恋村=3カ所◇東吾妻町=1カ所-。
【森林環境部(林道)】
被害報告が挙がった路線は◇草喰八丁河原線(甘楽町)◇奥山六車線(南牧村)◇浅香入線(富岡市)◇日向線(藤岡市)◇一ノ瀬線(中之条町)◇七曲り2号線(中之条町)◇予喜屋赤宿線(長野原町)◇さくらの里線(下仁田町)◇金比羅線(上野村)◇中越線(上野村)◇上野原線(渋川市)◇垰山線(渋川市)◇橳尾樋ノ沢線(高崎市)◇赤松沢線(安中市)◇長源寺線(安中市)◇萩原滝原線(長野原町)◇高原線(南牧村)◇中沢蚊沼線(富岡市)◇稲含高倉線(下仁田町)◇矢弓沢線(上野村)◇上野大滝線(上野村)◇住居附線(上野村)◇烏頭沢線(神流町)◇吾嬬山線(中之条町)◇北山本線(中之条町)◇貫坂線(中之条町)◇西荻赤也専(甘楽町)◇芳ノ元線(甘楽町)◇城梨木線(桐生市)-となっている。
【農政部】
農地は法面崩落など。農業用施設は頭首工などで被害を受けた。県が管理する頭首工については一部が被災。農業事務所ごとの状況は◇中部農業事務所=農地1カ所、農業用施設3カ所◇渋川農村整備センター=農地法面崩落など2カ所◇西部農業事務所=農地法面崩落25カ所、農業用施設25カ所◇吾妻農業事務所=農地法面崩落17カ所◇利根沼田農業事務所=農地法面崩落19カ所、農業用施設6カ所◇東部農業施設=農業用施設1カ所◇館林農村整備センター=農業用施設1カ所-となる。

ページトップ