建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出しアパ万代5マンション&ホテル来月にも施工者公募へ  
掲載 2019年10月16日新潟建設新聞  
本文

 総合都市開発を行うアパグループのアパホーム㈱(元谷外志雄代表)は、新潟市中央区万代5丁目地内で計画するマンションとホテルの複合施設の新築工事で11月にも事業者を公募し、早ければ年内に施工者を選定する見通しだ。
 計画では流作場五差路付近の敷地約0・5ha(約5550㎡)にマンション棟(仮称)プレミア新潟駅前大通としてRC造地上19階地下1階建て、建築面積約1310㎡、延べ床面積約2万2700㎡、高さ約59・99mの建設を予定。住戸数は約212戸を整備。
 2020年1月中旬の着工と22年3月末ごろの完成を予定する。
 ホテル棟は(仮称)アパホテル&リゾート新潟駅前大通としてS造19階建て、建築面積約1725㎡、延べ床面積約2万3010㎡、高さ59・99mを想定し、約1001室の客室を備える。
 マンション同様に20年1月中旬に着工し、21年11月末ごろの完成を予定する。
 駐車場は、タワーパーキングなどで、ホテル敷地に149台(うちマンション用88台、ホテル用61台)、マンション敷地に126台を確保する。
 デザイン監修は辻本デザイン事務所、設計・監理は日企設計が担当している。
 また計画地内にある既存ビルの解体は別途、発注し、新施設の建設工事に先立ち行われる。既存ビルは解体されるが、吉乃川の看板は残る。
 新潟市では19年度当初予算で、万代5丁目地区まちなか再生建築物等整備事業費として2億7230万円を計上しており、マンション棟の廊下やロビー、エントランスなどの共有部分に対して国と市で3分の1、各1億3615万円を補助する。

【写真=流作場五差路に面する建設計画地】

ページトップ