建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省
見出し【大雨被害】5県の34河川で浸水被害発生  
掲載 2019年10月29日本社配信  
本文

 低気圧に伴い24日から26日にかけて発生した大雨により、関東地方から東北地方の太平洋側を中心に広い範囲で総降水量が100mmを超え、特に千葉県と福島県を中心に200mmを超える記録的な大雨が降った。国土交通省のまとめによると、28日午前8時30分の時点で宮城県、福島県、茨城県、千葉県、埼玉県の県管理河川20水系34河川で堤防からの越水や排水不良などによる浸水被害(約2400ha)が発生した。被害の詳細は調査中としている。
 土砂災害は4県で地すべり、がけ崩れが発生した。県別の発生件数は千葉県10件、福島県4件、茨城県2件、岐阜県1件。
 下水道の被災状況は27日午後5時の時点で千葉県茂原市の川中島終末処理場で浸水により運転停止が発生し、現在、簡易処理で運転中。ポンプ場は茂原市の道目木ポンプ場と福島県いわき市の林城ポンプ場で浸水に伴う運転停止があり、応急対応を進めている。
 なお、28日朝の時点で台風19号による被害を含めた堤防決壊箇所は国および都道府県管理河川合計で20水系71河川の140カ所となり、土砂災害は20都県で計667件発生している。

ページトップ