建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出し県ニューレスプ協会が法面の補修補強工法普及へ講習会  
掲載 2019年11月12日新潟建設新聞  
本文

 新潟県ニューレスプ協会の主催、のり面診断・補修補強研究会北陸部会の共催による「ニューレスプ工法・吹付のり面診断対策の技術講習会」が7日、新潟市内の興和ビルで開かれた。
 ニューレスプ工法は既存のモルタル・コンクリート吹き付けをはつり取らず、老朽化した法面を補修・補強する新技術で、当日は約70人が熱心に聴講した。
 主催者あいさつに立った同協会の若月由行会長は災害時におけるライフライン確保の重要性を強調し「斜面崩落によって緊急車両が通行できない映像を何度も見た。平時はもちろんのこと、災害時にもしっかりとライフラインを確保すべく努力する覚悟。そういった意味でも、本日はニューレスプ工法の良さを知っていただき、さらなる普及拡大が図れれば」と意気込んだ。
 講演へと移り、同工法の技術説明のほか、のり面診断・補修補強研究会の上野雄一氏が「平成30年度に発生した斜面災害とそこから学ぶこと」をテーマに講演を行った。
 また新潟大学と群馬大学の教授がそれぞれ「水がコンクリート構造物の劣化に及ぼす影響」「地下水位とすべり速度の関係に着目した地すべりシミュレーション」を演題に講義を実施した。

【写真=70人が熱心に聴講した】

ページトップ