建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県阿賀野市
見出し一層の研さん誓う 4社5技術者に栄誉 2019年度優良工事表彰  
掲載 2019年11月14日新潟建設新聞  
本文

 阿賀野市は8日、水原保健センターで2019年度阿賀野市優良工事・優秀技術者の表彰式を挙行した。18年度に竣工した発注工事のうち、請負金額500万円以上(111件)かつ工事成績評価点80点以上(28件)で特に成績が優秀な工事を施工した業者、優秀技術者を表彰。本年度は4社、5人の優秀技術者が栄誉に輝いた。
 田中清善市長は「建設業は地域になくてはならない仕事。持続可能で大きく成長発展できるよう市としても努力していく。これからも市民の皆様に喜んでもらえるよう、これを機会に一層、品質の高い技術力を高めていってもらいたい」とあいさつ。
 続いて、阿賀野市建設業協会の小林孝会長が「日々の努力、熱意がこのような結果に結びついている。協会としても何よりの喜びで励みになる」と話した。
 受賞者謝辞では、坂詰組の坂詰敏彦代表取締役が「災害に強い強靭な国土づくりのため、公共事業の役割と重要性を深く認識し、安全第一で魅力あるまちづくりに貢献できるよう一層研さんしてまいりたい」とさらなる活躍を誓った。
 その後、来賓の新潟県議会議員の帆苅謙治議員、阿賀野市議会の風間輝栄議長が祝辞を述べた。
 また表彰式では、阿賀野市建設業協会長賞の授与や受賞工事での取り組みと工夫が優秀技術者により紹介された。
受賞した優良工事、優秀技術者は次のとおり。(◇施工者=①工事名②優秀技術者③工事成績評点)※敬称略
 ◇坂詰組=①下水15号保田浄化センター土木施設防食塗装更新工事②小山正良③84点
 ◇帆苅組=①下水11号市野山79-2号管渠工事②五嶋秀樹③84点
 ◇北友建設=①下水13号市野山109号管渠工事②加藤政幸③84点
 ◇川端商会=①建6号庚町停三線道路修繕工事②植木茂晴③83点 
 ◇川端商会=①下水4号保田第1 603-3号管渠工事②長谷川幸一③82点 

【写真=田中市長を囲んで記念撮影】

ページトップ