建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者農林水産省北陸農政局
見出し信濃川左岸1号トンネル建設は53億で熊谷組  
掲載 2019年12月18日新潟建設新聞  
本文

 北陸農政局が2日に執行した信濃川左岸流域農業水利事業1号幹線用水路1号トンネル建設工事は、熊谷組北陸支店が53億1000万円で落札した。参加16者のうち、入札額は6番目だったものの、技術提案評価で1位となり、逆転した。予定価格に57億7063万円、調査基準価格に53億897万9000円を設定していた。
 工事概要はシールド工法による水路トンネル(φ3500mm)L2・6km。主な建設資材にコンクリートセグメント2300リングを見込んでいる。工期は2023年11月30日まで。
 同事業は全体事業費200億円。事業工期は17年度から25年度を予定。小千谷頭首工をはじめ、三島揚水機場、幹線用水路、水管理施設の全面改修を行う。場所は長岡市、小千谷市。
 1号幹線用水路の全面改修では、一部区間を兼用している茶郷川を分離し、送水管理の適正化を図る。
 設計はサンスイコンサルタントが担当した。
 また新川流域二期農業水利事業新川河口自然排水樋門建設工事は、技術協力・施工タイプによる契約方式により、優先交渉権者に決まっていた鹿島建設と21億5400万円で契約した。契約日は12月12日。

ページトップ