建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県さいたま市
見出し6市1町が第2回新たなモビリティサービスによる「まち」づくり協議会を開催  
掲載 2019年12月26日埼玉建設新聞  
本文

 6市1町で構成する『新たなモビリティサービスによる「まち」づくり協議会(会長=清水勇人さいたま市長)』は第2回協議会を24日にときわ会館で開催した。会には関係者など約250人が出席、おのおのが関心を寄せていた。清水会長は冒頭に「あらゆる人がシームレスに移動できることを目的とする。P-MaaSによるまちづくりの実現を進めたい」とあいさつ。
 講演の部では国土交通省道路局企画課の水野宏治評価室長が登壇。「未来を指向した新たな道路政策」をテーマに講演した。さらに関東地方整備局の山本悟司道路部長と東京理科大学土木工学科の栁沼秀樹講師が「中山間地域における自動運転システムによる移動性確保の取組」を話した。
 協議会はさいたま市・三郷市・越谷市・八潮市・草加市・吉川市・松伏町で構成。相互に協力・連携して、広域的な新たなモビリティサービスの導入を目指し、MaaS などを社会インフラとするまちづくりを検討することを目的とする。

ページトップ