建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者埼玉県保健医療政策課
見出し県保健医療部が県内増床数を示す。計2279床に  
掲載 2020年1月21日埼玉建設新聞  
本文

 県保健医療部は20日、2019年度第2回県医療審議会(会長=金井忠男医師会長)を開催した。注目度が高い仮称・順天堂大学医学部付属埼玉国際医療センターについては、病床数800床で計画。24年3月の開設を予定していることを明らかにした。年内の基本設計着手を目指し、同大学内のプロジェクトチームで調整が続く。また県内全体の整備病床数は2279床に上る。今回、新たに利根医療圏の整備病床数を公表。新久喜総合病院の91床増床など計207床を増やす方針をまとめた。
 順天堂大学医学部付属埼玉国際医療センターはさいたま市浦和美園地内で計画。整備予定地の面積は約7・3ha。病院(一般病床800床)、大学院教育・研究施設、医療系学部施設(看護系学科)、教職員・学生用宿泊施設などを整備する。主な医療機能は救命救急センター、災害拠点病院、小児救急拠点病院など。当初は18年3月までに着工する計画で進めていた。
 審議会では本庄脳神経・脊椎外科クリニックと、しらさき川越クリニックの整備計画も了承した。県内の整備病床数は2279床。内訳は▽県南部=244床▽南西部=129床▽東部=466床▽さいたま=809床▽県央=49床▽川越比企=157床▽西部=206床▽北部=12床▽利根207床--。

ページトップ