建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者厚生労働省
見出し【労働災害】19年の建設業は死亡、死傷者数ともに減る  
掲載 2020年1月22日本社配信  
本文

 厚生労働省が発表した2019年の労働災害発生状況(速報値)では、建設業の労働災害による死亡者数は246人で、業種別では最多となったものの前年比では40人減少している。墜落・転落が102人で最も多く、崩壊・倒壊が34人、交通事故(道路)が24人、激突されが22人と続いた。
 休業4日以上の死傷者数を見ると、建設業は1万3813人で、前年比207人減少した。
 建設業を含めた全産業における死亡者数は763人で前年比61人減、死傷者数は11万2219人で同比1360人減と、いずれも減少している。
 なお厚労省の第13次労働災害防止計画では、重点業種となる建設業について22年までに労働災害による死亡者数を17年比で15%以上減少させる目標を掲げている。

ページトップ