建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者さいたま市建設業協会
見出しさいたま市建協が賀詞交歓会を開催  
掲載 2020年1月28日埼玉建設新聞  
本文

 さいたま市建設業協会(斎藤恵介会長)は23日、新春賀詞交歓会を浦和ロイヤルパインズホテルで開催した。斎藤会長は働き方改革への対応が重要との認識を示したほか、さらに協会を活性化したいとの考えを述べた。
 斎藤会長は働き方改革への対応について「協会も勉強しながら、どうすれば乗り越えられるのか、模索しながら頑張っていきたいと思っています。(協会の)委員長連絡会議の中でいろいろなことを検討してきます。ぜひ活発な意見を出していただいて、協会を活性化してすばらしい方向に行くように頑張りたいと考えています。勇気を持って進めば道は開けると思います」とあいさつした。
 来賓の清水勇人市長は「現在、来年度予算の編成をさせていただいていますが、災害に強いまちをつくろうということを大きな柱の一つにしています。積極的な投資をしながら、まちづくり、基盤整備、持続可能な成長ができるまちにしていくために引き続き努力をしていきたいと思いますので、さらなるご協力とご支援をよろしくお願いいたします」とあいさつした。
 続いて登壇した高柳俊哉副議長も、これからインフラ整備がますます重要になってくる話し、共存共栄で前進したいとの思いを伝えた。
 乾杯の後、祝宴に入り、全員で和やかに懇親を深め、より一層の飛躍を誓い合った。

ページトップ