建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者協同組合県機械設備工業会
見出し19年度後期技能検定の実技試験を開催  
掲載 2020年1月28日群馬建設新聞  
本文

2019年度後期技能検定(建築配管作業)の実技試験が21~23日の3日間、前橋市内の群馬県設備会館で開催された。3日間で1級18人、2級36人のほか、技能五輪選考枠に12人の延べ66人が受検。検定員は群馬県機械設備工業会(串田紀之理事長)の組合企業から推薦された。なお、今回は2人の女性が2級を受検した。
試験に先立ち、首席検定委員を務める松田良一氏があいさつし「時間内に確実に作業をすることが重要。全員合格を目指してもらいたい」と話した。
実技試験は与えられた図面を基に鉄管や塩ビ管、銅管を用いて1級は3時間30分、2級は2時間30分で組み立てる。完成品は水圧検査で水漏れを確認し、寸法などを測定・検査する。
受検者はほかに、学科試験と計画立案等作業試験(旧ペーパーテスト)を26日に受験する。
合格発表は3月13日に県のホームページや技能検定場に掲示される。

ページトップ