建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者(社)建設コンサルタンツ協会,(社)全国地質調査業協会連合会,その他記事(民間)
見出し【建設関連業3団体】技術者単価の引き上げ求める  
掲載 2020年2月4日本社配信  
本文

 建設コンサルタンツ協会(高野登会長)、全国測量設計業協会連合会(野瀬操会長)、全国地質調査業協会連合会(成田賢会長)の建設関連業3団体は1月31日、赤羽一嘉国土交通大臣へ業務量の安定的な確保や設計業務委託等技術者単価の引き上げなどに関する要望書を提出した。
 要望書では、社会資本整備の計画的な推進に必要な設計ストックなどを蓄積するため、測量、地質調査、設計関係の業務量の安定的な確保が必要としながら、設計業務委託等技術者単価のさらなる引き上げを強く求めた。また働き方改革推進のため、重要な柱である就業時間の改善に向けた業務履行期限の平準化、計画的な業務発注、適切な工期設定・工程管理による長時間残業や休日出勤の回避などを要望した。
 各団体は、技術者単価は近年上昇しているものの、技術者の確保や安定的な経営に向けても、さらなる引き上げが必要と訴えた。
 なお赤羽大臣は、公共工事設計労務単価と設計業務委託等技術者単価について、できるだけ速やかな見直しを行うよう指示している。

【写真=3団体が赤羽大臣へ要望書を手渡した】

ページトップ