建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省大宮国道事務所,首都高速道路(株)
見出し大宮国道などが国道17号新大宮上尾道路のデザインを  
掲載 2020年2月6日埼玉建設新聞  
本文

 大宮国道事務所は首都高速道路㈱と共同で、このほど国道17号新大宮上尾自動車専用道路・与野~上尾南整備の景観検討会議を開催した。高架橋のデザインは床版の張出長を統一し、桁高に段差が生じる場合は桁端部で解消する。色彩は桁がグレイッシュベージュ、鋼製橋脚はオフグレーに決定。今後の設計・施工に反映させることを確認した。
 会場には座長で事業景観アドバイザーの深堀清隆埼玉大学大学院理工学研究科環境科学・社会基盤部門准教授のほか同アドバイザー2人、田中倫英大宮国道事務所長、高橋三雅首都高速道路㈱東京西局プロジェクト本部長、さらに、狩生正彦さいたま市建設局土木部広域道路推進室長、東邦彦上尾市都市整備部都市計画課長も出席した。
 附属物整備では遮音壁、道路照明、門型標識、排水管について▽高架橋としての連続性・デザインの一貫性を確保▽長期にわたる清潔感・維持管理性に配慮▽附属物による煩雑感の軽減に配慮▽すっきりとした道路内景観を確保し、外への眺望や閉塞感の軽減に配慮--としている。
 同路線はさいたま市中央区円阿弥~上尾市堤崎(与野~上尾南間)の約8kmが2016年に事業化。工事に向けて、一部の詳細設計が進んでいる。
【議事概要】

議事概要
ページトップ