建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省大宮国道事務所
見出し大宮国道が電線共同溝の低コスト化に向けて  
掲載 2020年2月7日埼玉建設新聞  
本文

小型ボックス活用へ

 大宮国道事務所は電線共同溝の整備における低コスト化を目指して、小型ボックス活用埋設方式などを活用した工事を試行する。場所は深谷市原郷地先の国道17号。一般競争入札で28日に開札予定。関東整備局管内では初めてとなる。
 同方式は管路の代わりに小型ボックスを活用し、同一のボックス内に低圧電力線と通信線を同時収容することで、電線共同溝本体の構造をコンパクト化するもの。直接工事費の削減率は20%程度が期待できる。
 さらに路面に露出して整備するため、掘削土量が削減されるほか、整備後はふたを取り外すことによりケーブルの敷設や保全が可能となる。
 施工延長は約480mで、このうち小型ボックスは約180m。既設の側溝活用が約40m。工期末は2021年3月31日まで。

ページトップ