建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県伊勢崎市
見出し伊勢崎市が20年度も空洞調査を継続  
掲載 2020年2月19日群馬建設新聞  
本文

伊勢崎市は2020年度当初予算案に、地中構造調査業務委託料300万円を計上、10月ごろ指名競争入札の見通し。
調査は交通量の多い主要幹線道路や古くに設置した下水道管などの地下埋設物のある箇所を対象とする。2019年度は委託料500万円を確保し、23・7㎞を実施、20年度は調査規模を縮小する考え。
空洞探査車を用いて、陥没の危険がある部分や、その規模を特定し、事故を未然に防ぐための対策を講じる。
空洞調査は17年度から行っており、初年度はパスコ(東京都目黒区)、18~19年度は応用地質(東京都千代田区)が担当。いずれも10月に指名競争入札を行った。

ページトップ