建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県那須塩原市
見出し那須塩原市 新年度予算案、箒根義務教育校、国体会場を整備、鳥野目配水池に継続費7.3億、新庁舎に基本  
掲載 2020年2月18日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 那須塩原市は、2020年度当初予算案を発表した。一般会計は前年度比4・4%増の495億円。普通建設事業費は第2期最終処分場整備費の増額などにより25・3%増の64億1977万2000円。新庁舎の基本・実施設計費、箒根地区義務教育学校や国民体育大会馬術競技会場の整備工事費などを計上。水道事業会計では鳥野目浄水場更新詳細設計費や第3配水池更新工事費を盛り込んだ。(4面に主要事業予算額)
 那須塩原駅周辺地区に移転する新庁舎の整備事業費は1億1589万円。基本・実施設計業務委託には限度額3億7800万円(20~21年度)の債務負担行為を設定。
 新庁舎建設に伴う統合ネットワーク構築基本設計業務委託に2250万円(20~21年度)、ネットワーク構築の支援業務委託に700万円(同)の債務負担行為を設定。電子市役所計画推進業務(RPA導入)も進める。那須塩原駅周辺まちづくりビジョン策定支援業務に1400万円を措置した。
 箒根地区義務教育学校は8110万円を計上。関谷小の施設を利用して整備。23年4月に開校する予定。新年度は体育館と体育器具庫の改築・解体設計、駐車場、植栽、外構の設計を委託。体育館や体育器具庫、倉庫の解体工事費を盛り込んだ。
 国体推進事業費は9758万円。馬術競技会場は地方競馬教養センター(接骨木)で仮設施設の実施設計や工事、トライアスロン会場は戸田調整池を含む周辺で仮設施設の工事を実施。馬術会場の工事には2カ年継続費1億5400万円を設定した。
 放課後児童クラブは稲村小、青木小の設計と工事に1億811万円。民間保育施設等整備支援事業に2億3422万円。
 新規の国土強靭化地域計画策定、防災情報伝達機器整備実施設計、雨量監視システムサーバ更新業務に1940万円、停留所変更や那須地域定住自立圏地域公共交通調査業務に1062万円、危険ブロック塀等改善事業補助に400万円を措置した。
 小学校トイレ洋式化改修は青木、三島、波立、南、西の5校に1億6200万円、中学校トイレ洋式化改修は西那須野中に6100万円。にしなすの運動公園プール屋根改修工事に2523万円、三島体育センター屋外トイレ更新の設計と工事に3480万円。
 土木費は地方創生道整備推進交付金事業に6億730万円を配分。新南下中野線など3路線の道路改良工事、穴沢油井線など4路線の舗装改築工事を実施。
 防災・安全交付金事業は4億2937万円。新南・下中野線など3路線の道路改良、石丸鍋掛線など3路線の舗装改築、大田原街道線など4路線の路側帯カラー舗装工事を推進。社会資本整備総合交付金事業は島方横2号線道路改良や松浦町稲村線浸透池整備工事などに1億3293万円。
 黒磯駅周辺地区都市再生整備計画事業は6249万円。原街道など2路線の道路美装化を進め、事業を完了させる。公園整備は9923万円。新たに戸田水辺公園でせせらぎ水路を撤去し、広場を整備するほか、烏ヶ森公園で園路機能の補償工事や駐車場整備を実施する。
 農村基盤施設整備事業は7433万円。三本木佐野地区農業用排水路の設計や工事などに4000万円、湯宮地区農道整備工事に2890万円を配分した。
 水道事業会計の資本的支出は19億9235万4000円(前年度比11・9%増)。浄水設備費の委託料は5048万円、工事費は1億3862万円、配水設備拡張費の委託料は8157万円、工事費は10億9761万円。
 鳥野目浄水場の第3配水池更新工事は2カ年の継続費7億3282万円(20年度2億9997万円、21年度4億3285万円)を措置。
 また、鳥野目浄水場更新詳細設計委託に限度額1億3288万円(20~22年度)、県営農村振興総合整備事業に伴う配水管移設工事施行委託に1億5980万円(20~21年度)の債務負担行為を設定した。
 下水道事業会計は農業集落排水事業と統合して企業会計に移行。収益的支出は26億5181万8000円、資本的支出は18億8187万7000円。
 管渠や処理場の整備を促進し、管路建設改良費の委託料に1969万円、工事費に4億9525万円、処理場建設改良費の委託料に1億7212万円、工事費に3807万円を配分。
 産業団地造成事業特別会計は2億3802万7000円(前年度比65・8%減)。温泉事業特会は9729万1000円(34・8%増)。温泉給湯設備改修工事に2カ年継続費8000万円を設定した。

ページトップ