建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者建設業労働災害防止協会栃木県支部
見出し建災防県支部、支部長に谷黒氏、「死亡災害ゼロへ一層努める」  
掲載 2020年5月27日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 建設業労働災害防止協会県支部は26日、宇都宮グランドホテルで2020年度通常総会を開催した。役員改選では谷黒克守副支部長を支部長に選任し、副支部長に増渕薫常任理事、竹澤則男常任理事を新たに選任するなどの役員人事を承認。死亡災害ゼロの達成を基本方針とする事業計画を決めた。
 議事では19年度事業報告・決算、20年度事業計画・予算案、役員改選の3議案を審議。原案通り可決された。総会は新型コロナウイルス対策をとって時間を短縮して開かれた。
 谷黒支部長は「渡邉勇雄前支部長が掲げられた死亡災害をゼロとする目標を継承する。労働安全衛生を取り巻く環境変化に対応した安心安全な職場環境の形成を図るため、なお一層努めていく」と労災撲滅に取り組む決意を示した。
 20年度の事業計画は重点事項に①支部労働災害防止計画の周知徹底と積極的な展開②安全衛生大会等の開催③リスクアセスメントの推進④建設業労働安全衛生マネジメントシステム(ニュー・コンパクトコスモス構築)の促進⑤技能講習・安全衛生教育⑥専門工事業者の安全衛生活動支援⑦メンタルヘルス対策⑧安全衛生パトロール-などを設定。各種活動に取り組む。
 安全衛生大会は9月9日午後1時から宇都宮市文化会館で開催する。
 役員は次の通り。(○は新任)
 ▽支部長 ○谷黒克守(谷黒組、那須分会)
 ▽副支部長 入江和夫(大幹建設、宇都宮分会)、高梨道太郎(八州造園、県造園建設業協会)、田中英治(田中工業、県設備業協会)、山根良信(三興工業、足利分会)、○増渕薫(暁工務店、宇都宮分会)、○竹澤則男(竹沢建設、鹿沼分会)
 ▽常任理事・分会長 ○菊池三紀男(菊地組、宇都宮)、○宇賀神勝(機械建設、鹿沼)、柴田政之(丸政建設、日光)、坂野弘(丸二工務店、芳賀)、○齋藤和実(斉藤組、下都賀)、斎藤祐一(船生建設、塩谷)、石川裕之(石川建設、那須)、金澤章男(金澤建設、烏山)、木村光伸(下野土木、安蘇)、○蓼沼法彦(楯建設、足利)
 ▽理事 岩澤理夫(岩澤建設、県舗装協会)、相馬克美(東栄電設、県設備業協会)、武田隆夫(武田塗装工業、県設備業協会)
 ▽専務理事 橋爪良行(建災防県支部)
 ▽監事 大谷清(大谷建設、塩谷分会)、○川島一己(川島工業、下都賀分会)、澤田真由美(澤田会計事務所)

ページトップ