建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県那須町
見出し那須町 大同・高久統合保育園、7月にも樹木撤去工事発注、園舎は千駒会が整備  
掲載 2020年6月13日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 那須町は、大同保育園と高久保育園の統合保育園を整備する。新園舎などの施設は社会福祉法人千駒会(大田原市住吉町)が高久小学校の旧グラウンドに整備。開園は2022年4月を予定。園舎などは来年2月頃に着工し、建設工事が進められる見込み。園舎整備に先立ち、町は予定地の樹木や遊具撤去など事前の土木工事や用地測量業務を7月頃に入札する方針。
 建設予定地は旧高久小学校(高久甲)の町有地約7400平方m。敷地北側の道路側に整備する。新施設の定員は130人。建物の規模は1000平方m程度を想定。設計は千駒会が進めていく。千駒会は「おおたわら保育園」を運営。昨年度に整備運営法人に選定された。
 町は園舎建設に先立ち、支障となる樹木や遊具を撤去する工事のほか、東日本大震災除染土の移設工事を実施。事前工事の工期は12月頃までかかる見通し。
 6月補正予算に樹木等撤去工事費1856万6000円、敷地の分筆に必要な用地測量業務委託料103万4000円、保管除染土移設工事費1300万円を措置した。
 大同保育園(高久甲6092-3)は1962年の開園。敷地面積1184平方m、建物は木造平屋建て363平方m。高久保育園(高久甲5131)は76年の開園。敷地面積は2877平方m、建物は木造平屋建て434平方m。2園とも敷地は町有地。園舎や跡地の活用方法は未定。
 民営化は第2期保育園運営適正化・整備計画に基づくもの。計画では大同・高久保育園のほか、黒田原第2と千振保育園の統合を位置付けている。黒田原第2・千振統合保育園の建設地や具体的なスケジュールなどは未定。計画定員は100人。大同・高久保育園の統合事業の進捗を見ながら検討が進められる見通し。

ページトップ