建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県新潟市
見出し上所駅の設置場所は西跨線橋西側の地下歩道付近で検討  
掲載 2020年6月23日新潟建設新聞  
本文

 新潟市は(仮称)上所駅の設置場所に西跨線橋西側の地下横断歩道付近を検討していることを明らかにした。
 昨年度に実施した現地、測量調査で西跨線橋から信濃川右岸までの間、約600mを対象に線路のカーブや勾配、埋設管などの支障物件を確認し、設置位置の条件などを整理した上で、市として同地を選定。本年度は新駅設置の推進に必要となる概略工事数量や概算工事費を算出するための調査設計を行う。
 18日に行われた市議会6月定例会一般質問で内山航議員(翔政会)の質問に柳田芳広都市政策部長が答弁した。
 (仮称)上所駅の設置には、2017年度に実現の可能性を検討するためJR東日本と連携協定を締結し、18年度に新駅設置の可能性を判断する基礎資料となる新たな需要把握の調査を取りまとめた。この結果、18年度時点での試算で、市として採算性があるものと見込んでおり、19年度は市が現地測量調査を行い、基本設計をまとめている。
 柳田芳広部長は「新潟南高校への通学利用や周辺市街地での住宅開発などにより、一定の駅利用者が見込めると認識している」とし、「実現に向けて引き続きスピード感を持ってJR東日本および関係機関と調整を進める」と語った。

【写真=上所駅の設置候補地】

ページトップ