建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県三条市
見出し工業団地アクセス道改良工事公告は年明け  
掲載 2020年6月25日新潟建設新聞  
本文

三条市が整備を進める栄工業流通団地アクセス道の改良工事は、年明けの公告となる見込みだ。
栄スマートインターチェンジに接続する連結路上り線の改良は当初、夏ごろの公告としていたが、載荷した盛土を撤去した後に半年ほど安定させる必要が生じた。
同線では現在、農業幹線排水路の橋梁下部工を施工中。年明けに改良工事に着手するのは、橋梁を挟んだ連結路上り線のA・B両ブロック(約1277m)、Aブロックの中央を走る一ツ屋敷新田8号(約300m)、Bブロック北側を国道8号と並行して走る工業流通団地線(約210m)。工期はそれぞれ6カ月。消雪施設の測量と実施設計も同時に行う方針だ。
また、岡野新田2号線は拡幅に向けた測量を委託する。既存道は延長780m、全幅10・25m。一ツ屋敷新田6号線(約260m)は中央工業団地(コポス)の既存道があり、一部取り付け道の整備を計画している。岡野新田2号線と一ツ屋敷新田6号線は来年度の工事着手となる。2021年度末の全線供用開始を目指す。

ページトップ