建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者千葉県習志野市
見出し21年度に基本計画等/秋津公園など一体的に/再整備へ調査プロポ開始/習志野市  
掲載 2020年6月25日日刊建設タイムズ  
本文

 習志野市生涯スポーツ課は、PFI方式による秋津公園(秋津3~5丁目)、公園内および周辺の公共施設、秋津近隣公園予定地(秋津5丁目)の一体的な再整備を計画している。23日には「秋津公園とスポーツ施設等一体的再整備の官民連携事業手法等調査業務委託」の公募型プロポーザルを開始した。順調に推移すれば、2021年度に基本方針・基本計画を固め、公募型プロポーザルなどによるPFI事業者選定手続きに移行する。建設工事着手は23年度以降となる見込み。
 再整備の検討範囲は、都市公園に位置付けられている面積11万7721㎡の秋津公園(習志野緩衝緑地)、公園内の秋津野球場・秋津サッカー場・秋津多目的広場・秋津テニスコート・駐車場、公園周辺にある中央消防署秋津出張所・新習志野公民館および図書館・西部連絡所など公共施設、空き地になっている面積1万2566・4㎡の秋津近隣公園予定地。
 対象範囲や整備内容については、今回の調査業務において提案を受け、21年度の基本方針・基本計画で示す。
 調査業務では、収益施設の導入や利用率向上による公的負担の軽減、市民サービスの向上を目指し、コンセッションを含む官民連携事業手法による施設整備・維持管理・運営方法の検討、リスク分析、事業範囲、VFM等の調査・検討を実施する。期間は契約締結日~2021年3月1日。
 事業費限度額は1400万円。国土交通省の『先導的官民連携支援事業(第1次)(国庫補助事業)』の採択を受けており、全額を交付金で賄う。
 具体的な業務内容は▽各施設の現況把握▽前提条件の整理および事業範囲の検討・整理▽課題の整理▽施設整備方針および計画の検討▽官民連携手法による事業スキームの検討▽概算事業費の検討▽市場調査の実施▽事業実施(公募)に向けた課題整理▽地域住民の意見聴取と整理。
 参加資格は、市入札参加資格者名簿に「測量・コンサルタント」として登載されている、県内・近接都県内に本店または入札・契約に係る権限を委任された営業所を有する者であることなど。
 最優秀提案者の選定にあたっては、7月3日までEメールで質問を受け付け、同月9日に回答を公表。同月1~15日にEメールまたは郵送で参加申込書等の提出を求め、同月21日に参加資格を通知する。応募書類については同月22日~28日に持参による提出を受け、8月12日に審査結果を通知・公表する。質問先および各種書類提出先は同課。
 最優秀提案者と契約に至らない場合は、次点者を優先交渉権者とする。

ページトップ