建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者その他記事(民間)
見出しきれいな標識 その訳は/各地で清掃ボランティア/県交通安全環境施設協会  
掲載 2020年7月4日長野建設新聞  
本文

 県交通安全環境施設協会(矢木健一会長)は1日と2日の両日、県内各地で道路標識・道路反射鏡などの清掃ボランティアを実施した。
 この活動は1988年から毎年継続しており今年で33回目。一昨年には長年の功績が認められ知事表彰を受賞している。
 今年は上田、伊那、飯田、松本、安曇野、大町、千曲、須坂、北信の9建設事務所管内を対象に、会員企業が手分けして作業に当たった。参加者は道路標識や道路反射鏡を一本一本丁寧に清掃。専門業者の視点から視認性を点検し、不具合があれば修正していった。
 須坂建管内の作業で幹事企業を務めた長野機材(長野市)の大賀貴洋氏は「コロナ禍ではあるが、長年続く取り組みを途切れさせてはならないということで、万全な対策を講じ実施することを決めた。会員一同『悲惨な交通事故を防ぐ』という思いで作業に当たっています」と話した。
 なお、例年は各建設事務所において出発式を開催しているが、今年は新型コロナウイルス感染症予防のため取り止めた。
 参加企業は次のとおり。(順不同)
 ◇CTSラインテック◇保安商事◇タカサワマテリアル◇矢木コーポレーション◇長野機材◇ヤナギサワ◇長野自動車センター◇道路安全◇信越測機◇中信測機◇石原工務店◇長野安全サービス◇酒井工業所◇信越◇サンテック◇黒河内建設◇板倉◇長野標識◇山本産業

ページトップ