建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県河川課
見出し県河川課がダム再生に向けて手法検討  
掲載 2020年7月11日群馬建設新聞  
本文

県河川課は安中市内にある坂本ダムで潜行吸引式排砂管の現地試験を計画している。2020年度は現地試験のための計画策定業務をダム技術センター(東京都台東区)に委託。このほか、関連業務として測量調査およびダムの堆砂性状調査業務をこれから委託する。21年度の試験実施を目指す。
計画作成にあたっては吸引式排砂管の配置設計や吸引位置までの土砂移動方法などを検討するほか、試験運用を行うための計画などを作成する。履行期限は21年3月中となる。
これから委託する測量業務は貯水池内と下流となる碓氷川の現況調査を実施。堆砂性状調査は、ボーリング調査を行い堆砂の状況などを把握する。
準備が順調に進めば21年度に試験を行い、効果などを検証する。県は坂本ダムなど4つのダムで長寿命化や効率的で高度なダム機能の維持などを図るため、再生計画の策定を進めており、試験結果をもとに計画の検討を進める。
4ダムの規模は◇坂本(安中市、碓氷川)=堤高36・3m、堤頂長85m◇霧積(安中市、霧積川)=堤高59m、堤頂長305m◇道平川(下仁田町、道平川)=堤高70m、堤頂長300m◇塩沢(神流町、塩沢川)=堤高38m、堤頂長157m―。県内のほかのダムと比較して堆砂が進んでいることから、対策方法を含めて検討を行っている。

ページトップ