建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者栃木県農政部
見出し県農政部、芳賀町北部第2で圃整工、農地整備22億、水利施設8億、県営46億で61地区を推進  
掲載 2020年8月6日日本工業経済新聞(栃木版)  
本文

 県農政部は、今年度県営農業農村整備事業実施地区の当初割当額を決めた。調査を含む61地区で総額は46億2020万円。農地整備は22地区で22億2600万円。芳賀町の稲毛田、芳賀町北部第2などで圃整工に着工するほか、下稲葉(壬生町)、荒井町島(大田原市)などで工事を推進。海道(宇都宮市)など新規4地区は換地や設計を進める。水利施設整備は船生(塩谷町)に3億3000万円、新規の蟹川堰(下野市)に1億円を配分し、堰の改修工事に着手する予定。(2面に地区別割当額)
 農地整備以外の主な事業の地区数と割当額は、中山間地域総合整備が2地区2億4700万円、農村振興総合整備が2地区2億円、水利施設整備が9地区8億2900万円、農村地域防災減災が7地区5億8870万円、農地耕作条件改善が3地区3億5700万円。
 農地整備事業は芳賀町北部第2のほか市貝町の椎谷、大田原市の中田原、下野市の薬師寺・柴、佐野市の馬門で今年度から圃整工に着手する予定。新規の稲毛田では畑地の圃整工事を計画している。
 主な地区の割当額は下稲葉と荒井町島が各2億円、薬師寺・柴が1億7200万円、芳賀町北部第2が1億7000万円、椎谷が1億5500万円、宇都宮市の刈沼川が1億5000万円、鹿沼市の笹原田、引田が各1億3000万円、大田原市の下深田が1億2000万円、馬門、稲毛田が各1億円。
 農地整備新規の海道、薄井沢(日光市)、大谷東部(小山市)、赤城(佐野市)は3000~6500万円で換地業務や実施設計を推進する。
 中山間地域総合整備は馬頭中部(那珂川町)が1億8700万円、高原(矢板市、塩谷町)が6000万円。馬頭中部は活性化施設建設工事などを実施し、高原は農道を整備する。
 農村振興総合整備は那須北(那須塩原市、那須町)が1億2000万円、安足(足利市、佐野市)が8000万円。水路や道路工事を進める。
 水利施設整備は栃木市の真弓が9800万円、足利市の三栗谷Ⅱが8000万円、長藤堀Bが5000万円で水路などの工事を推進。栃木市の部屋南部は7900万円で測量設計、西の原頭首工は1500万円で実施設計。
 芳賀台地2(那須烏山市ほか)は5800万円で菅又揚水機場の補修工事を実施。岡本頭首工を改修している鬼怒中央2(宇都宮市ほか)は監視操作盤などの水管理システム更新工事の一般競争を公告。来年度までの2カ年で取り組んでいく。船生は用水路のほか頭首工の補修工事に着手する。
 農村地域防災減災は小倉堰(栃木市)に1億6000万円を充て護床工を施工。押切用水堰(小山市)、穴川用水大前堰(真岡市)、境堰(那須烏山市)は取水堰の改築や改修工事を推し進める。田川の蟹川堰は下部工を活用しながら上部工を現在と同じ鋼製の自動転倒ゲートに更新する予定。
 農地耕作条件改善は江川(上三川町)が2億7700万円。延長約1㎞の排水路更新に充てる。水路改修の古用水2(宇都宮市)に4800万円、五行川上流の高田堰(高根沢町)の改修に3200万円を措置した。
 県営事業化に向けた調査は16地区で1億7250万円。農地整備の里西・星の宮(益子町)、寺小路(塩谷町)、親園鴨内川(大田原市)で新たに着手。沢又(日光市)、赤川ダム(宇都宮市)では計画樹立を予定している。
 各地区の整備は昨年度補正予算と一体で事業を執行していく。

ページトップ