建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者国土交通省関東地方整備局(建設)
見出し関東整備局の第1四半期入札不調率が改善  
掲載 2021年7月21日埼玉建設新聞  
本文

 関東地方整備局の第1四半期(4~6月)における工事入札の不調・不落状況が明らかになった。発注件数388件に対して350件が契約となり、不調・不落件数は38件で約10%。2020年度同期の不調・不落率21・4%と比べ、大きく改善した。
 改善された要因として▽発注ロットの拡大(事務所発注4・5億円)▽フレームワーク、公募型指名競争の試行▽余裕期間の活用--などを20年度から行ったほか、都県建設業協会との情報交換(コミュニケーション)を提示している。
 特に、防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策の初年度予算である20年度第3次補正予算が成立。同予算の早期執行および着実な契約に向け、21年3月4日に1都8県建設業協会との意見交換会を開催するとともに、各事務所が公表した発注予定情報の建設業協会への情報提供、さらに意見交換などの積極的なコミュニケーションを実施した。
 今後も引き続き、円滑な発注と早期執行を目指して建設業協会とのコミュニケーションを行い、不調・不落状況のモニタリング(監視)を行う考え。

ページトップ