建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者群馬県教育委員会管理課
見出し天井落下対策、15校中10校で新工法採用  
掲載 2015年9月25日群馬建設新聞  
本文

県教育委員会が本年度に15校で行う県立学校施設の天井部材落下防止対策のうち、10校で新工法を採用することが分かった。天井部材を処分することなく、内側にワイヤー金具を取り付ける工法で、手間やコストの縮減が見込める。準備が整った学校から順次、工事発注されそうだ。
落下防止対策は、6m超の高さにある面積200㎡超の天井部材が対象。
本年度に工事を行うのは◇前橋商業高◇前橋清陵高◇高崎東高◇桐生南高◇伊勢崎高◇伊勢崎清明高◇新田暁高◇太田工業高◇渋川工業高◇藤岡中央高◇嬬恋高◇館林商工高◇中央中等-の13武道場と◇渋川高◇あさひ特別支援学校-の2体育館となっている。
このうち、伊勢崎高、伊勢崎清明高、新田暁高、太田工業高、渋川高-を除く10校で新工法を採用する。新工法では、天井を一度剥がした上で、その内側部材にリング形状のワイヤー金具を設置し、天井を処分せずに再度取り付ける。仮に天井ボードが落下した場合でも、ワイヤー金具が食い止めて物理的に落ちない仕組みとなる。
従来工法では、天井を一度剥がした上で、露出した部分に対して塗装工事や断熱工事などを実施し、天井は処分していた。新工法は天井処分の手間が省かれ、コスト面でも優位に立つ。管理課の担当者は「コストダウンを図ることができた」と胸を張る。コストダウンにより捻出できた予算は、本年度に計画がなかった別の学校の体育館の照明設備落下対策に充てていく。
県立学校の天井部材落下防止対策は、本年度の15校で終了する。新工法が採用できなかった5校のうち、伊勢崎高、太田工業高、渋川高の3校は天井部材を撤去する従来工法、伊勢崎清明高と新田暁高は武道場の中にある柔道スペースと剣道スペースの間に壁を設けることで、天井を200㎡以下にする措置を取る。
工事は、渋川高とあさひ特別支援学校分は管理課が発注する。あさひ特別支援学校の工事は18日に開札し、三興建設(桐生市)が落札した。伊勢崎清明高については、現在進められている耐震改修工事の中で対応する。残りは各校が順次発注していく。

ページトップ