建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者山梨県甲府市
見出し甲府市中道北小 用地選定7月にも決定  
掲載 2016年6月23日山梨建設新聞  
本文

 リニア中央新幹線のルートが敷地を横断する中道北小学校について甲府市教育委員会は7月にも、第5回目の移転住民説明会を開催し、用地選定を決める考えだ。前回の説明会では、6月中に用地選定を行う予定だったが、まだ住民の理解が得られていないと判断し、1カ月程度先送りにした。
 市では、ことしの5月に第4回目の中道北小学校移転住民説明会を開催。市事務局側が移転候補地として、リニア中央新幹線軌道予定ルートと中央自動車道、国道140号の三方向に囲まれている現校舎南側の排水機場周辺(Bエリア内)をあらためて提示した。
 出席した住民からは「騒音や磁場、景観も良くない」「中央道南側(Bエリア内)や現校舎の北側(Aエリア内)に建設できないのか」「(排水機場周辺)提示した候補地に学校を造るのはおかしい。リニア整備は国家プロジェクトだ」といった意見が多数出ていた。
 過去に提示した移転候補のエリアは次のとおり(エリアCを除く)。
 【エリアB】(現地の南側)
 ◆第1回説明会で、現地周辺で検討という考え方に着目し、同エリアの北側から選定する。児童館や駐在所からあまり離れない場所で、地震などの際の避難所機能を考慮すると、「中央自動車道より北側で選定することが妥当」とした。
 【エリアA】(現地の北側)
 ◆農振法に規定する土地改良等「笛吹川沿岸地区(2012~21年)」を実施中。事業終了後、8年間(2029年まで)は、農用地区域の解除は原則として不可能。このエリアでの農地転用は困難であることが判明し、同エリアから「候補地案は選定しない」ことにした。

ページトップ