建設業の未来を拓く (株)日本工業経済新聞社 ホーム 会社概要 サイトマップ お問い合わせ セキュリティーポリシー サイトポリシー
埼玉建設新聞 日本工業経済新聞 茨城版 群馬建設新聞 山梨建設新聞 新潟建設新聞 長野建設新聞
ここに表示されている情報は有料サービス「入札ネット」で閲覧できる情報のほんの一部です。
入札ネット(無料ID)にログインすると、工種やキーワードで絞って一覧表示できます。
さらに詳しい内容は無料IDでご確認ください。→「入札ネットとは

事業者新潟県新潟市
見出しダイア建設・大和地所に旧中央卸売市場跡の売却  
掲載 2016年12月21日新潟建設新聞  
本文

 新潟市は、旧中央卸売市場跡地売却で公募型プロポーザルを行った結果、ダイア建設新潟と大和地所のグループを最優秀提案者に決定した。分譲住宅や分譲マンション、スーパーマーケットや診療所等が入る複合施設などを提案し、売却価格には27億180万円を提示していた。
 提案によると、中央区上所3丁目354-10にある旧中央卸売市場跡地、敷地面積3万7098・17㎡で、戸建て住宅78戸、集合住宅3棟185戸など住宅用面積に1万9545㎡、スーパーマーケットや診療所が入る複合施設3460㎡のほか、調剤薬局99㎡、ベーカリー99㎡、集会場253㎡、公園面積2228㎡の整備を計画している。新年度にも既存施設の解体工事に着手し、2020年度以降順次、住宅などの分譲を開始する見通し。
 市はプロポーザルで売却価格に更地価格18億6000万円から既存公共物解体費用6億2000万円を差し引いた12億5000万円を設定。7者から提案があり、事業計画、提案価格を総合的に評価し、最優秀提案者に特定。今後、1月下旬にも仮契約を締結し、2月定例市議会での承認を諮り、本契約を締結する。
 26日には、最優秀提案者の計画書を公表する。
【提案者による完成イメージ図】

ページトップ